Rar Games Blog

ソシャゲを中心にプレイしたスマートフォンゲーム(スマホゲー)のレビューや紹介、攻略、雑談など

RAR GAMES BLOG - SMARTPHONE GAME WALKTHROUGH, GUIDE & REVIEWS

【Identity V】初心者にオススメなサバイバーを解説する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:rar_games:20180629122434j:plain

Identity Vって何?

Identity V(アイデンティティファイブ)は1vs4に分かれて行う鬼ごっこのようなサバイバルマルチアクションゲームで、中国版では「第五人格」という名称でした。

より詳しい内容はこちらの記事をご覧ください。

www.rar-games.jp

※以下は日本語版リリース前の情報になるためリリース後に変更されている可能性があります

 

各キャラクターには基本的にそれぞれメリットとデメリットが存在しています。

味方のサバイバーがどういったキャラクターを選択したのかを確認してそれぞれの役割を理解し、チームワークで脱出を試みましょう。 

医師

f:id:rar_games:20180704014530j:plain

医師は以下のようなスキルを持っています。

  1. 自分自身を治療できる。(何度でも可能)
  2. 他人を治療する際のスピードが60%アップ、鎮静剤を使った際の自分の治療スピードが20%アップ、味方全員の治療スピードが5%アップ(バフ)
  3. 窓や板を超える時間が15%ダウンする(デバフ)

基本的に治療に特化しているので生存率を上げることができます。

なるべく味方の位置とダメージ状況を把握し、ピンチの味方を助けて上げるようにしましょう。

特に重要なのが自分自身を回復できるスキルで、一度攻撃を食らってしまうとハンターに見つかりやすくなってしまったり、もう一撃喰らえば吊るされてしまう状況を脱することができます。

弁護士

f:id:rar_games:20180704014543j:plain

弁護士は以下のようなスキルを持っています。

  1. 地図を使って暗号機や味方の位置を把握することができる。(何度でも可能)
  2. ロケットチェアに座らされた時、排除されるまでに必要な時間が5%アップし、半径8m以内にいる味方の暗号機解読や治癒等の所要時間を10%アップする(バフ)
  3. 窓や板を超える時間が15%ダウンする(デバフ)
  4. 28m以内のサバイバーが見える

特に初心者の場合、地理感覚がないため頻繁に迷子になったり何からやればいいか迷うことがありますが、弁護士の場合は地図を使って迷うことなく暗号機を操作しに行くことを最優先に考えれば良い、ということが明確で非常にプレイしやすいキャラになっています。

正確な位置や状況を把握することで目的を持った立ち回りをしやすくなるので慣れないうちは地図を見ながらプレイすることや、味方のサバイバーが見えるようになるスキルが活躍すると思いますが、これに慣れてしまうといざ他のキャラクターを使った時に迷子になってしまうので補助的な道具として考えて全体的な立ち回りを洗練させましょう。

庭師

f:id:rar_games:20180704014553j:plain

庭師は以下のようなスキルを持っています。

  1. ロケットチェアを破壊できる。また、ツールボックスを開けても消耗しない。(何度でも可能)
  2. 自分の暗号機の調整の範囲が50%アップ、調整の発生率が50%ダウン、味方全員の暗号機の調整範囲が5%アップ、調整発生率が5%ダウン(バフ)
  3. ロケットチェアに座らされた時の排除されるまでの時間が30%ダウン(デバフ)

庭師はロケットチェアを破壊することができるという強力なスキルを持っています。

ゲームが始まるとロケットチェアの数が表示され、破壊するたびにその数を減らしていくことが可能です。

ロケットチェアがなくなれば排除されにくくなるのでゲームを非常に有利に進めることができます。

ちなみにロケットチェアを全て破壊したとしても、ハンターはロケットチェアを修理したりそもそもロケットチェアに座らせずに排除できたりするキャラクターも存在するので排除不可能になるということはありませんが、それらのスキルを持っていない場合にはロケットチェアを探しに大移動しないと行けなくなったり大幅な時間稼ぎができたり、非常に有用です。 

冒険家

f:id:rar_games:20180704014604j:plain

冒険家は以下のようなスキルを持っています。

  1. 本を使用して体を小さくしてハンターに感知されずに移動が可能だが、暗号機の操作などが一切できなくなる(何度でも可能)
  2. 足跡が地面に残る時間が1秒短くなり、板や窓を乗り越える時はハンターに表示されない(バフ)
  3. 暗号機の調整の発生率が30%アップ、調整の範囲が30%ダウン(デバフ)

隠れるということに特化したキャラクターです。

ちなみになんで本の力で小さくなれるかというと、その本がガリバー旅行記だからのようです(理由になってない)。

小さくなって茂みに隠れたりすることで、ハンターに見つからないように逃げることができるのですが、最も有用なのがロケットチェアに縛られた味方を助けるときになりそうです。

ゴールへ向かう時なども小さくなることで見つからないように向かうことができるため、成功率を高めることが可能です。

 

 

いかがだったでしょうか?

サバイバーをプレイする際はどんなキャラクターなのかを知った上で役割を理解して行動することが重要です。

 

IdentityV に興味を持った方はこちらからどうぞ。 

f:id:rar_games:20180626185737p:plain f:id:rar_games:20180626190631p:plain

  

それではまた。

© 2018 Behaviour / Starbreeze. All rights reserved. ©1997-2016 NetEase Inc. All Rights Reserved


プライバシーポリシー・免責事項
(C) RAR GAMES BLOG